恋がしたい!のに彼氏がいつまでたってもできない時は?

私が婚活を始めたのは30歳を過ぎた頃です。
ある研修会に参加したところ、二つ年上の女友達ができて、
お互いフリーだった事もありよく遊んでいたんです。

友達は所謂美人で清楚な雰囲気の小柄な女性。私は、その正反対のハキハキした大柄な女です。

その友達が婚活パーティーに参加しているという話をしてきて、
いつも一緒に参加していた友人が結婚してしまい一人だと心細いから一緒に行ってくれない?と誘ってきたんです。

私は、失恋したばかりで、そういう気分になれず曖昧に断りました。
ところが後日「チケットが余ってるから行こう」と地元で行われるクルージング婚活パーティーに連れて行かれました。

何を着て行けばいいのか分からず、黒のジャケットに真っ赤なパンツ、
黒のロングブーツという一番婚活に向かないであろう酷いコーディネートで参加してしまいました。
友達はベージュのツーピースにピンクの靴でした。

案の定、彼女に声をかける男性はたくさんいました。
私に声をかけてきたのは酔っぱらった年下男性ただ一人。
初めての婚活パーティーは悲しい結果でした。

そのパーティー参加をきっかけに彼女は次々と婚活パーティーに誘ってきました。
女友達というのは時々恐ろしいもので、着ていく服を打ち合わせしても当日裏切られる事も多かったので、

懲りてからは一緒に参加する人には聞かずに雑誌などを参考にして洋服を選びました。

でも、雑誌も嘘が多いです。

ある時、漁師町の婚活バスツアーがあり観光名所を巡る企画だったので参加してみる事にしました。

当日、私は具合が悪くてギリギリまで寝ていました。
支度するのも面倒で髪を巻いたりする時間もなく、メイクも手抜きで、
服選びも面倒だったので何年も着る機会がなかったベージュのワンピースを着て集合場所へ急ぎました。
友達も普段の私を見ているので以外そうに見るくらい、私にとったらダサい恰好でした。

しかし、それが男性受けするファッションだったんです。
巻き髪も、アクセサリーも、香水もいらないんです。
ナチュラルで、大人しい印象を与えられればいいみたいです。
その日の私は必要以上にモテました。
それに嫉妬した友達はしばらくの間私を誘いませんでした。

友達と一緒に参加する時は、友達を選んだ方がいいと思います。
その後も婚活合コンに参加したりしましたが、自分を偽る事に疲れてしまい普段通りのキメキメのファッションで参加すると今度はそれでも男性受けするようになりました。様ざまな年代、職業、性格の人と出会うキッカケになるので婚活は疲れますが振り返れば楽しい思い出です。
恋活アプリでオススメを探しているなら